手取り13万で楽しく生きる

手取り13万円で楽しく生活していくブログです。節約したり本読んだり文房具買ってみたりします。あとはニキビと戦ったりADHDを疑ったりもしています。

大掃除後のリバウンドについて考える

物に埋もれた部屋

社会人として働いてはいますが、一人暮らしできる状態ではないので実家にいます。

私には6畳ほどのスペースが与えられています。収納スペースは学習机、タンス(2つ)、衣装ケースです。その中に大量に物が詰め込まれています。

詰め込まれているのは、本や何かの資料、クレジットカードの明細、化粧品、薬、小物に文房具…などなど。

3連休を利用して大掃除をしました。服を捨て本を捨てねんどろいどを捨てましたが、また元に戻ると思っています。

なぜ机の上に物が溢れるのか

1番物があふれているのは学習机です。机の上に物が溢れる理由を自分なりに分析してみました。

  • 忘れっぽいので目につく場所に置きたい
  • 置く場所が決まってないのでとりあえず机に置く
  • 置く場所は決まってるはずだけど、どこかわからないのでとりあえず机に置く

こんな感じですかね。自分の物忘れの激しさの影響が大きい気がします。本当に忘れっぽいんです。Googleを開いて何を調べようとしたか思い出せないなんてしょっちゅうです。

改善案を考えてみました。

  • なるべく同じ用途のものは近くに置き忘れにくくする
  • 逆に机の上には忘れたくないものしか置かない
  • 引き続きものを減らす
  • すべてのものにラベリングして、どこに何を入れるべきかわかるようにする
  • 紙物は取っておく必要が出た段階でそれが一枚でもクリアファイルに入れてラベリングする


ない頭絞った方法です。自分は忘れっぽいですが、よく使うものの場所は覚えています。なので、よく使うは引き出しにしまい、忘れてしまいそうなものは机に出そうかなと思います。あとはラベリングをします。使いこなせるかわからないので、白いシールに手書きで文字を書くレトロな方式でラベリングをしていきたいと思います。

常に綺麗にするのは難しいかもしれませんが、いつも100パーセントの力で掃除をしなければならないところを80パーセントの力で済むような状態にしたいです。